あらぼーのプロフィール

はじめまして!あらぼーです!

 

僕は、現在、飲食店で接客の仕事をしています。

 

人と関わる仕事が好きなので、
学校を卒業後は、ずっと接客の仕事をしてきました。

 

あと、歌うことが好きなので、
よくカラオケに一人で行ったり、友達と一緒に行ったりしています♪

 

 

 

 

さて・・
いきなりですが、一つだけ質問です。

 

 

「あなたは、歌うことが好きですか?」

 

 

もしかしたら、今このページを読んでいるあなたは、

 

「音痴だから、歌うことは大嫌い!」

 

「歌うことは好きだけど、音域が狭くて声量もないから、
 気持ち良く歌えないんだよね・・」

 

「一人で歌うのは良いけど、人前で歌うなんて絶対嫌だ!」

 

というような、歌に関する悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

先ほど、僕は「歌うことが好きなので、友達と一緒にカラオケへ行ったりします」
と言いました。

 

が・・・

 

はじめは、歌がものすごく下手で、人前で歌うことが大っ嫌いでした。

 

 

 

超音痴というわけではなかったものの、
音程が合ったり合わなかったりと不安定で、
自分の声に自信が持てずにいました。

 

また、声量も全くなかったため、
カラオケの機械から出でいる音の方が大きく、
自分の声なんて全然聞こえませんでした。

 

さらに、音域も狭くて歌える曲が少なかったので、
カラオケを楽しむことなんてできませんでした。

 

 

なので「人前で歌うだなんてありえない!」と思っていました。

 

 

僕が、そう感じはじめたのは、中学3年生の時です。

 

この時、はじめて友達からカラオケに誘われました。

 

 

当時は、人前で歌ったこともなければ、
カラオケに行ったこともなかったので、

 

「大丈夫かな・・」

 

「上手く歌えなかったらどうしよう・・」と不安の気持ちでいっぱいでした。

 

 

そんな気持ちを抱えたまま、カラオケへ行ったのですが、
やはりその不安は、見事に的中してしまったのです。

 

 

一人ずつ順番に歌っていき、自分の番がきたので、
事前に練習しておいた曲を歌ってみました。

 

しかし、出だしから最後まで音程は外しっぱなしで、声も全くでていない・・
という悲惨な結果となりました。

 

 

もちろん、友達からは笑われてしまい
「歌下手なんだね!」と言われてしまいました。

 

 

 

この言葉を受けて、悔しい気持ちが込み上げてきたのと同時に

 

「なんで、みんなは歌上手いのに、自分だけこんな下手なんだろう・・」

 

と、悲しい気持ちになりました。

 

それから僕は「もう人前で歌うのはやめよう!」と決めたのです。

 

 

 

それから月日は流れ・・

 

 

僕は、高校生となり、毎日楽しい日々を過ごしていました。

 

 

が・・

 

ある日、友達からあの誘いがありました。

 

 

そうです。
カラオケの誘いです。

 

 

「みんなでカラオケ行こうぜ!」

 

 

この言葉が、どんなに怖かったことか・・
この気持ちは、誰にも理解されませんでした。

 

正直に「自分は歌が下手だから行かないよ!」と言ったのですが、

 

「とかいって〜!本当は上手いんでしょ!?」

 

「この流れで行かないとか、ノリ悪いなぁ〜」

 

と言われてしまいました。

 

 

結局、僕は断ることができず、
「行っても歌わない」という条件付きで行くことにしました。

 

 

カラオケに行っても、みんなが歌って盛り上がっている中、
一人座ってただ聴いているだけ・・

 

完全に僕だけ浮いている状態でした。

 

 

 

そして、時間が経つに連れて、どんどん盛り上がっていき、
最終的には、

 

「一曲くらい歌ってよ!」

 

「お金払ってるのにもったいないじゃん!」

 

と言われ、歌わなくてはいけない雰囲気へと変わっていったのです。

 

 

しかし、それでも僕は、
中学時代のことが忘れることができず、断り続けました。

 

そこで一人の友達から、

 

「歌わないんだったら帰れ」の一言。

 

 

歌わないから行くっていう約束だったのに・・・

 

僕は、大きなショックを受けました。

 

 

結局、一曲だけ歌うことになったのですが、
相変わらず音程は外しまくりで、
声量もないので、歌っているのかどうかも分からない・・

 

結果はもちろん、盛り上がるわけもなく
最悪な雰囲気となりました。

 

 

「もっと歌が上手ければ・・」

 

「本当は自分だってみんなと一緒に盛り上がりたいのに・・」

 

「なんで、歌が下手なだけでこんなに辛い思いをしなきゃいけないんだ!」

 

と、悲しみと怒りの気持ちが溢れてきました。

 

 

 

そして、僕はこの時、あることを心に決めたのです。

 

それは・・

 

「これから歌の練習をたくさんして、絶対上手くなってやる!」

 

ということです。

 

 

 

 

それ以降、僕はインターネットで、歌が上手くなる方法を調べたり
本屋さんへ足を運び、いろんな本を読んだりしました。

 

 

しかし、インターネットや本で調べても、

 

「お腹から声を出しましょう!」
「頭から声を出すイメージで!」

 

など、抽象的な表現が多かったり難しい言葉が使われており
中々理解することができませんでした。

 

 

なので、一人カラオケに行って練習をしても、
全く上手くなりませんでした。

 

 

そして、次第に、

 

「歌が下手な奴が練習しても、上手くなんてならないんだ・・」

 

「自分は一生下手なままなんだ・・」

 

と思うようになりました。

 

 

 

 

それから、時間だけがどんどん過ぎていき、
僕は学校を卒業し、就職して社会人となりました。

 

きっと、社会人になっても、
付き合いでカラオケに行く機会は多いんだろうなと思っていたので、
「歌が下手」という不安は消えませんでした。

 

 

そんな中・・・

 

職場の近くにある本屋さんをフラフラ歩きながら見ていたところ、
一冊の「ボイストレーニングの本」を見つけたのです。

 

「どうせまた、分かりにくい本なんだろうなぁ・・」
と思いながらも、その本を手にとって読んでみました。

 

しかし、この本は、
今までの分かりにくい本とは全く違うものでした。

 

 

このボイストレーニングの本には、
歌う前の準備体操や、発声練習腹式呼吸呼吸のやり方など・・

 

歌を上手に歌うための基本的な練習方法が、
分かりやすく載っていたんです!

 

 

僕は、すぐにこの本を購入し、練習を始めてみました。

 

当時、車で30分かけて職場まで通勤していたので、
その運転中に、毎日練習をしました。

 

 

 

 

そんな日々が続いたある日・・

 

 

職場の人たちから、カラオケの誘いがありました。

 

今回は、友達同士ではなく、上司の人たちもいるので、
「行きません!」「歌いません!」なんてことは通用しません。

 

「ちゃんと歌えるかな・・」

 

「また、雰囲気を壊しちゃったらどうしよう・・」

 

と、大きな不安と緊張を抱えながらカラオケへ行きました。

 

 

 

いよいよ、自分が歌う番になり、

 

「本当に下手なので引かないでくださいね・・」
と保険をかけながらも、いざ!みんなの前で歌を披露しました。

 

 

 

そして、歌い終わったあと、
なんと!上司の人たちから、

 

 

「え!うまいじゃん!」

 

 

「これで下手って言われてたなんて・・
 今までどんなレベルの高いカラオケ行ってたの!?」

 

 

と、言っていただけたのです!

 

まさか、そんな言葉を言ってもらえるなんて思ってもいなかったので、
あまりの嬉しさにその場で泣いてしまいました。

 

 

このことがあってから、自分の歌に少しだけ自信を持てるようになり
次第に、学生時代の友達を誘ってカラオケへ行くようになりました。

 

そして、友達からも、

 

「あれ?なんかいいじゃん!」

 

「前より上手くなったんじゃない?」

 

と、言われるようになり、

 

「人前で歌うことってこんなに楽しいんだ!」
と思うようになったのです。

 

 

 

それからは、少しずつですが、
みんなと一緒に盛り上がることができるようになり、
人前で歌うことが怖くなくなっていきました。

 

 

僕は、ここであることに気がつきました。

 

それは「音痴でも、声量がなくても、音域が狭くても、
ちゃんと自分に合った練習を続けていれば、歌は上手くなる」

 

ということです。

 

 

 

今の時代、カラオケは人付き合いにおいて
とても重要なものとされています。

 

また、お酒が飲めない人に無理やり飲ませるという風潮はなくなりつつありますが、
歌が苦手な人に、無理やり歌わせるという風潮は、まだ残っています。

 

そんな中・・

 

「歌うことは好きなんだけど、下手だから人前で歌うことができない」

 

「歌が下手なだけで、人付き合いがうまくいかなくなった」

 

ということで悩んでいる方は、
おそらく、たくさんいると思います。

 

 

そんな風に悩んでいる人にこそ、

 

「歌が上手くなることで、人前で歌うことがこんなに楽しいものなんだ!」

 

ということを強く感じていただきたいと思い、
僕は、このブログを作りました。

 

 

もし、今のあなたの心に、

 

歌が上手く歌えるようになって、人付き合いを楽しいものにしたい!

 

今まで、バカにしてきた人たちを見返してやりたい!

 

人前で、堂々と歌えるようになりたい!

 

という気持ちがありましたら、
僕と一緒に歌うまになれるよう、がんばってみませんか?

 

次は、あなたの番です♪

 

トップページに戻る