こんにちは!あらぼーです^ ^

 

カラオケで歌っていると、

「なんか歌声が一本調子になっちゃう・・」

「ちゃんと歌ってるつもりなのに棒読みに聞こえるって言われた・・」

「音程が外れてるわけじゃないのに上手に聞こえない・・」

なんて経験ありませんか??

 

僕も、歌声が棒読み(一本調子)になってしまい、
上手く聞こえない・・と悩んでいた時期がありました。

歌声が棒読みになってしまうと、聴いている人も楽しくないですし、
何より、自分が歌っていて気持ち良くありません

なので、歌っていても、

「カラオケを楽しむことができない・・」

「今一盛り上がらない・・」

なんてことがありました。

このように、歌声が棒読み(一本調子)になることによって、
上手く聞こえないのは、抑揚がないこと主な原因となります。

抑揚とは、簡単に言いますと
声の調子を上げたり下げたりすることです。

「イントネーション」や「メリハリ」という言葉が使われることもあります。

普段、人と会話をする時は、
場所によって声の音程を上げたり下げたりするかと思います。

また、時には声を強く発したり弱めに話したりもします。

これが、抑揚なのです。

 

普段の話し方が、棒読みになってしまうと、
相手に良い印象を与えることができません

話し方に抑揚がないだけで、

「この人は、やる気がないのかな?」

と、思われてしまうこともあります。

抑揚は、コミュニケーションの場でも、
非常に重要なものとされています。

そして、カラオケの場においても、
歌声に抑揚がないと

「この人の歌には感情がない!」

というように思われてしまう可能性があります。

ですが、抑揚をつけて話したり、歌ったりすることで、
相手に良い印象を与えることができます。

何より、カラオケを楽しむことができるようになるんです

 

「でも〜抑揚ってどうやって付ければいいの!?」

と思ったあなたは、どうぞこの先にお進みください♪

今回は、カラオケでの抑揚の付け方について、
お伝えしたいと思います^ ^

抑揚の付け方とは?

抑揚は、声質音量変化させることで、
付けることができます。

たとえば、喉を開いてしっかりした声を出したり、
地声と裏声を組み合わせながら歌います。

そして、その中で、声を大きくしたり小さくしたりして、
メリハリを付けていくわけです。

が・・

これらをやる以前に、やるべきことがあります!

そのやるべきことを見ていきましょう♪

歌詞を覚える

「抑揚を付けることと歌詞を覚えることって関係ないんじゃない?」

「歌詞はカラオケの画面から流れるし、覚えなくてもいいんじゃない?」

と思いました??

 

抑揚を付けて歌うためには、
歌詞をしっかり覚えておくことが前提となります。

細かく言いますと、歌詞の意味を覚えるということです。

なぜ?歌詞の意味を覚える必要があるのか・・

それは、その曲の世界感を知ることができるからです。

 

曲の歌詞には、力強く歌う部分、優しく歌う部分、明るく歌う部分、
悲しそうに歌う部分、感情を込めて歌う部分などがあります。

これらの部分を理解しないまま歌ってしまうことで、
抑揚が付かず、棒読みになってしまうのです。

そこで!

感情を込めながら歌詞を声に出して何度も朗読をしていきます。

この時、黙読するのではなく、
声に出して読むことがポイントとなります。

そうすることで、どの部分を強く歌い、
どの部分を優しく歌えばいいのかということが、理解できるようになります。

メロディを覚える

おそらく「メロディは覚えてるよ!」と、感じた方が多いかと思います。

しかし、ちゃんと覚えているつもりでも、
以外と何となくで覚えてしまっている方が多くいらっしゃいます。

なんとなくで覚えた状態では、
曲を予測しながら歌わなければなりません。

これでは、抑揚を付けるどころか、
音程やリズムまで崩れてしまいます

そうならないためには、両耳にイヤホンを付けて、
同じ曲を何度も何度も聴いて、メロディを覚える必要があります。

そうすることで、曲全体の流れを掴むことができるようになります。

できれば、鼻歌で1曲歌うことができるくらいまでになると良いでしょう^^

おまけ!

もし、まだ歌詞の意味が曖昧なのに
カラオケに行くことになっちゃった!

という時は、自分の声を変化させるのではなく、
マイクの距離を変えて抑揚を付けるようにしてみましょう^ ^

サビの部分は、マイクと口の距離を2cm〜3cmほどにして歌い、
サビ以外のところでは、5cm〜10cmほど離して
歌うようにするのがコツです。

ただ、この方法は、自分の声で抑揚を付けているわけではないので、
ご参考までに・・・

 

最後に・・

カラオケの採点を見た時に、
抑揚のところだけ評価が悪いというのは、悲しいものです。

何曲も覚えようとするのではなく、
まずは1曲だけに絞って練習してみてはいかがでしょうか^ ^