こんにちは!あらぼーです^ ^

 

突然ですが・・

あなたは鼻腔共鳴という言葉を聞いたことはありますか?

 

「歌を上手く歌うためには
鼻腔共鳴ができないとって聞くけど、なんか難しそう・・」

「名前は聞いたことあるけど今一よくわからない・・」

と感じている方もいらっしゃるかと思います。

鼻腔共鳴とは、鼻の裏側部分にある
鼻腔と呼ばれる空間に声を当てて、響かせる(共鳴)というものです。

この鼻腔共鳴ができるようになると、中音はもちろん、
低音高音綺麗に響かせることができるようになります。

また、声の抜け感が良くなったり、
歌の表現力がアップしたりします。

そうなれば・・

友達や職場の人たちの前で歌を披露した時に、

「○○の歌声をずっと聴いてたい!」

「どうやったらそんなに綺麗な声が出せるの!?」

「感動しちゃった!次この曲歌って~!」

と、褒めてもらえて、
人気者扱いされちゃいます♪

鼻腔共鳴は、ミックスボイスを習得する時にも
必要なものとなります。
 ※ミックスボイス=地声のように聴こえる裏声のこと

この先、あなたが

色々な歌のテクニックを身に付けていきたい!

そう思っているのであれば、
今から鼻腔共鳴ができるようになっておくと良いでしょう。

 

ただ・・

鼻腔共鳴の感覚をつかむためには、
少しコツが必要です。

そのため、できるようになるまでには、
多少時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、諦めずに継続してトレーニングを行うことで、
必ずできるようになります。

なので、一緒にがんばっていきましょう♪

それでは!

鼻腔共鳴のやり方をご覧ください^ ^

 

鼻腔共鳴のやり方

①イスに座って、身体と喉の力を抜いてリラックスします。

 喉が閉まっていると、
 鼻腔を響かせることはできません。

②ハミングをして、鼻を響かせます。

 ハミングのやり方が解らない方は、
 「こちらの記事」で、説明していますのでご覧ください^ ^

 ハミングで鼻の響きを感じることができない方は、
 イスに座った状態から、頭を下に下げて(前かがみになって)
 ハミングをしてみてください。

 頭を下げることで、ハミングがしやすくなります。

 そして、そのままハミングをしながら
 ゆっくり頭を上げていきます

 この時に、鼻全体が振動しているかどうか
 必ず確認してください。

 鼻が振動していれば、
 鼻腔共鳴ができているということになります。

 この感覚を覚えておきましょう!

③今度は、口を開けてハミングをします。

 注意する点は「ハー」というような音ではなく、
 「ん」に濁点がついたような音を出すことです。

 よくわからない・・という方は、まず「メロン」「パン」など、
 最後に「ん」がつく言葉を言ってみてください。

 そして、その「ん」を強調したまま、口を開けてみましょう。

 この状態が、口を開けたままハミングをするということです^ ^

 口を開けてハミングした時に、
 喉の上(口の上)辺りで、声が出ている感じがしませんか?

 もし、感じることができていたら、
 鼻腔共鳴ができています。

 また、鼻を触ってみて振動していたら、
 できている証拠なので、確認してみてください。

④この感覚がつかめるようになったら、
 「ん」の響きを「あ」や「ま」に変えて、やっていきます。

 先に「ん」で響きを感じてから変えていくと
 やりやすくなります。

 

以上が、鼻腔共鳴のやり方となります。

はじめは、鼻腔共鳴の感覚をつかむことが、
とても重要となります。

その感覚がつかめるようになってから
歌のトレーニングへと入っていきましょう!

最後に・・

このトレーニングは、
やり過ぎてしまうと声帯を痛めてしまう場合があります。

なので、無理のない範囲で、
やってみてください♪