こんにちは!あらぼーです^^

 

歌を上手く歌うために必要な表現力・・・

歌に表現力が付いていると、聴いてくれている人に、
元気や感動を与えることができます♪

そんな大げさな・・

なんて思う方もいらっしゃるかと思いますが、

表現力が付くだけで、
感情のこもった魅力あふれる歌になるのです!

かつて、僕は、

「自分の歌声で、聴いている人を元気にしてあげたい!」

「人に感動を与えられるような歌を歌いたいなぁ・・」

という風に、ずっと思っていました。

というのも・・

友達とカラオケへ行くと、

「なんか感情がこもってないんだよね~」

「ただ言葉を読んでいるだけでつまらない!」

と言われ続けていたからです。

それが悔しくて、

「絶対、人の心に響くような歌を歌えるようになってやる!」

と思ったことを今でも覚えています。

 

そこで、僕は毎日あることをして、
表現力を付けていく練習をしていきました。

練習をしているうちに、段々と自分の歌に変化が表れてきたので、
1度、友達の前で披露してみました。

すると・・・

「あれ?なんか今日気持ち入っていい感じだね!」

と、言ってくれました。

さらに、職場の集まりで2次会のカラオケへ行った時に、
バラード系の歌を歌ってみたら、

「あらぼーさんの歌、思わず聞き入っちゃった!
 もっと歌ってくれない?」

という言葉をもらいました。

 

この経験を経て、僕は、
表現力を付けることの重要さを知りました。

でも・・

重要でありながらも、基本的な部分なので、
見落としてしまうことが多いのです。

また、表現力をつける方法は、
とても単純な練習ということもあり、

「こんな練習をやっても・・」

と感じてしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、この練習をやるのとやらないのでは、
表現力に大きな差が出てしまいます。

なので、今この記事を読んでくださっているあなたには、
ぜひ実践していただきたいなと思っています。

そして、段々と表現力が付いていく変化を
感じていただきたいです。

 

さて、今回ご紹介する表現力を付ける方法は、
家で簡単にできる方法となっています。

友達や職場の人たちの前で歌った時に、

「なんか、あなたの歌を聴いてたら元気が出てきたよ!」

「思わず感動しちゃった!もっと歌ってくれない?」

と言ってもらえるように、がんばっていきましょう♪

歌に表現力を付ける法とは?

歌に表現力を付ける方法とは・・

「歌詞を朗読すること」です!

あまりにも単純な方法なので
「そんなこと!?」と思った方が多いのではないでしょうか。

ですが、この当たり前と思われることが
出来ていない方がほとんどなのです。

おそらく、カラオケでは歌詞が流れてくるから
何となく覚えておけばいいや!

という方が多いと思います。

しかし、それでは、曲全体の流れや
歌詞の意味を理解することはできません!

表現力を付けるためには、
歌詞の意味を理解しておくことが絶対条件です。

どの歌の歌詞にも、物語があったり、
一言一言に意味が込められています。

その言葉の意味を理解することで、
初めて表現力というのが付いてきます。

それだけでなく!

「どの部分を強く歌えばいいのか」

「どの部分を優しく歌えばいいのか」

というのも理解できるようになり、
抑揚も付いていきます^^

それでは、実際に僕がやっていた朗読の流れを
詳しくお伝えいたします♪

 

①練習したい歌を1曲だけ選び、
 歌詞の意味を理解しながら、心の中で何度も黙読します。

②歌詞の意味が理解できたら、
 声に出して何度も朗読をします。

③歌詞の意味を頭の中でイメージしながら
 実際に歌ってみます。

この流れで、毎日練習していくことによって、
感情のこもった魅力的な歌になっていきます^^

最後に・・

単純な練習なので、後回しにしてしまいがちですが、
歌を上手く歌うためには、重要な練習となります。

1日5分でも良いので、
まずは継続してやってみてはいかがでしょうか♪