こんにちは!あらぼーです^ ^

 

歌が上手くなりたくて、色々と調べていると・・・

「高音(または低音)を出すためには喉を開くこと」

「声量を上げるためには喉を開くこと」

「しっかりした声を出すためには喉を開くこと」

というように「喉を開く」という言葉を
目にすることが多いと思います。

 

たしかに、高音(または低音)を出すことや
声量を上げるためには、喉を開くことが重要です。

が・・

「そもそも喉を開くってどういうことなの?」

と思いませんか?

 

僕も学生時代に、

  • 高音を出せるようになりたい!
  • 声量をもっと上げたい!

と思っていて、色々なことを調べました。

しかし、

「喉仏を下に下げて喉を開いて歌いましょう!」

といったことばかり書いてあり、
中々理解することができませんでした。

なので、実際に練習をしてみても、
全く上手くいきませんでした。

 

今思うとそれもそのはずです。

いきなり喉を開く練習をしても
喉が開いている感覚が解らなかったので、

ちゃんとできているかどうかすら
解らなかったのです。

高音や低音を出せるようになりたい

しっかりとした声を出せるようになりたい

そのためには、
喉を開くことができなければなりません。

でも、喉を開くためには、

「喉が開いている感覚を知る」

というところから始める必要があります。

その感覚を知ることは、
歌が上手くことにも繋がります。

 

ということで、今回は、

喉を開くとはどういうことなのか?

喉を開く感覚をつかむ方法

についてご紹介いたします♪

喉を開くとは?

喉を開くとは、声と息の通り道となる
「咽頭(いんとう)」を開くことを指します。
 ※咽頭=鼻の奥(鼻腔)から食道の入り口までの袋状の管

引用:https://fucoidan-network.com/throat-cancer

喉が締め付けられていると、
声と息を流れるように出すことができません。

つまり、思うように
声を出すことができないということです。

この状態で、無理に声を出しても
喉に力が入ってしまい、大きな負担をかけてしまいます。

このような悪循環に陥ることのないようにするためには、
喉を開いてあげる必要があります!

喉を開くことで、
声と息をスッと出すことができます

また、流れるように出てくる息に声を乗せることで、
感情のこもった柔らかい声を出すこともできるのです。

喉が開いている感覚をつかむ方法

さて・・

ここからは、
実際に喉が開いている感覚をつかむ方法をお届けいたします。

とっても簡単なので、
一緒にやってみましょう^ ^

①肩の力抜いて、リラックスします。

 喉を開くためには、リラックスした状態であることが、
 絶対条件となります。

 頑張って開こうとすると、
 喉が緊張してしまい、逆に締め付けてしまいます。

 なので、喉を開く時は、

  • 無理に開こうとしないこと
  • リラックスした状態であること

 この2つを頭に入れておきましょう♪

②口を小さく開けて、少しだけ息を吸います。

 この時、息を吸い過ぎないように注意してください。

 なぜなら、息を吸い過ぎてしまうと、
 喉の乾きが激しくなるからです。

 もし、少量の息でも喉の乾きを感じた場合は、
 水を飲んで喉を潤してあげましょう。

③口の奥(咽頭)に冷たい息を感じるか確認します。

 口の奥に冷たい息を感じたら、
 喉が開いている状態になっています。

 ただ、すぐには感じることが
 できないかもしれません。

 しかし、毎日繰り返し行うことで、
 しっかりと感覚をつかむことができるようになります^ ^

喉が開いているか確認する方法

喉が開いている感覚をつかむことができたら、
今度は、ちゃんと喉が開いているかどうか確認してみましょう。

 

①声を出さず、肩の力を抜いてリラックスします。

②手のひら(両手)を首に当てます。

③首が緩んでいることを確認します。
 (この緊張していない状態をよく覚えておいてください)

④手を当てたまま、あなたの出しやすい高さで
 「あー」と声を出してみてください。

 

・・いかがでしょうか?

声を出す前と出した時に、首周りの筋肉変化がなければ
喉が開いているということになります。

ですが、もし声を出した時に
首周りがキュッと硬くなってしまったら
喉が締め付けられています。

もし、よくわからない場合は、
何度か繰り返してみて、首周りの変化を確認してみてください^ ^

喉が開いていると、声を出す前のリラックスしている時と
同じ状態で声を出すことができます。

これにより、喉に負担をかけることなく
歌うことができるというわけです。

最後に・・

今回の目的は、喉が開く感覚をつかむことです。

この感覚をつかんでおくことで、
いざ喉を開く練習をした時に、理解しやすくなります。

なので、まずは、今回ご紹介した方法で、
感覚をつかむところから始めてみてください♪