こんにちは!あらぼーです^ ^

 

歌を上手く歌うためには、
絶対と言っていいほど必要な腹式呼吸・・

腹式呼吸で歌うことができるようになると

  • 長時間歌っても喉が疲れない
  • 声が通るようになる
  • 力強い声を出すことができる
  • ロングトーンを楽に歌うことができる

など、たくさんのメリットを受けることができます♪

なので、

「すぐ喉が痛くなる・・」

「3曲くらい歌っただけで疲れちゃう・・」

「歌っている途中で、息が続かなくなってしまう・・」

といった悩みがなくなります。

それに!

腹式呼吸は、
健康にも良いということをご存知でしたか?

 

腹式呼吸をすることで、自律神経が整い、
副交感神経が活性化されます。

これにより、身体をリラックスさせることができるので、
ストレス軽減に繋がります。

カラオケなどで、緊張してしまう場合には、
腹式呼吸をしてリラックスさせることも可能です^ ^

また、内臓脂肪を燃焼させる働きもあるので、
ダイエット効果にも期待できます。

これは、横隔膜が上下運動することで、
内蔵の血行が促進され、新陳代謝が良くなるためです。
 ※横隔膜=肺と胃の間にあり、呼吸運動をするための筋肉

歌が上手くなる+αでダイエットまでできるのは、
女性にとっては、特に嬉しいのではないでしょうか^ ^

このように、腹式呼吸には嬉しいメリットがたくさんあるので、
ぜひ!習得しておきたいところです。

 

でも・・

「実際にやってみたけど、正しくできているのかどうかわからない!」

「やり方を調べてみたけど、難しくて理解できなかった・・」

と感じていらっしゃる方も多いかと思います。

そんなあなたに♪

今回は、家で簡単にできる腹式呼吸のやり方
ご紹介いたします^ ^

腹式呼吸と胸式呼吸って?

すぐに、腹式呼吸のやり方をご紹介したいところですが、

「そもそも、腹式呼吸って何?」

という方もいらっしゃるかと思いますので、
少しだけ、ご説明させていただきます。

腹式呼吸とは、
横隔膜の収縮を主とした呼吸法です。

簡単に言いますと、
お腹部分を主に使って行う呼吸法になります。

 

腹式呼吸で息を吸うと、横隔膜が下がり、
内臓が下に押されていきます。

内蔵は、骨盤より下にはいかないので、
結果的にお腹が膨らんでいきます。

これが、腹式呼吸でお腹を膨らませるということであり、
肺にたくさん空気が入っている状態なのです。

腹式呼吸の良いところは、胸や肩の筋肉を使うことなく
空気を肺に入れることができるところです。

そのおかげで、喉に負担をかけずに歌うことができます。

 

そして・・

呼吸法には、もう一つ「胸式呼吸」というものがあります。

これは、お腹からではなく
胸の部分を主に使った呼吸法です。

胸式呼吸をすると、肋骨が広がり
肺が横へ広がります。

この時、肩や胸、首の筋肉を使うため、
全体的に力が入ってしまいます。

これにより、喉にも力が入ってしまい、
声が出にくくなってしまうのです。

なので、胸式呼吸は、
歌う時にはあまり向いていないとされています。

腹式呼吸のやり方!

さて・・

大変お待たせいたしました!

腹式呼吸のやり方についてはここからです^ ^

ここでは、
2つのやり方をご紹介いたします。

イスに座って行うやり方

①イスに浅く座り、背筋をしっかり伸ばします。

②片方の手を胸に置き、
 もう片方の手を、おへその辺りに置きます。

 これは、胸式呼吸になっていないかということと、
 お腹の動きを確認するために置きます。

 呼吸をする際は、手が動かないように
 注意しましょう。

③口を小さくつぼめて、約15秒~30秒かけて
 ゆっくりと息を吐いていきます。

 この時、お腹をへこませながら、
 「ふぅ~」と息を吐くのがポイントとなります。

 また、お腹にある空気を全部出切るような気持ちで吐くと、
 次の動作に移りやすくなります。

④息を全部吐き終えたら、
 口を閉じて鼻から息を吸っていきます。

 吸う時は、お腹に入っている力を
 一気に抜くようにして、約1秒で吸います。

 慣れてきたら、少しずつ秒数を増やしていき、
 5秒くらいかけて、ゆっくり吸っていけるようにしましょう。

 ここでは、

  • 無理に息を吸おうとしないこと
  • 鼻に力を入れて吸わないこと

 この2つが注意点となります。

 無理に息を吸うのではなく、お腹の力が緩んだ時に、
 自然と空気が入ってくるようなイメージで行います。

⑤ ③~④の動作を繰り返していきます。

 息を吐く時は、前かがみにならないようにして
 お腹だけをへこませるようにゆっくり吐いていきましょう^^

寝ながら行うやり方

引用:http://www.voicetraining-voat.com/breath/breathexercise.html

仰向けになり、足を伸ばして、
 片方の手を胸に置き、もう片方の手をおへそ辺りに置きます。

②口を閉じて、鼻からゆっくりと約5秒かけて息を吸っていき、
 お腹を膨らませていきます。

 この時は、鼻に力が入らないように注意してください。

 また、おへそに置いてある手を
 上に押し上げるようなイメージでやるのがポイントです。

③今度は、口を小さくつぼめて
 お腹の力を抜くようにしながら、ゆっくりと息を吐きます。

 息を吐く時は、吸った時の約3倍の時間をかけて
 ゆっくりと吐いていきます。

④ ②~③の動作を繰り返していきます。

 

仰向けになると、重力による負担が少なくなり、
息を吸う動作がしやすくなります。

なので、仰向けの姿勢は、
腹式呼吸の練習にピッタリです♪

最後に・・

腹式呼吸の練習は、
5分~10分ほどやったら、1度休憩するようにしてください。

やりすぎてしまうと、
体調を崩してしまう場合があるからです。

無理せずに、あなたのペースでやっていきましょう^^

また、今回は、腹式呼吸のやり方を2つご紹介いたしましたが、
やりやすい方でやってみてくださいね☆