こんにちは!あらぼーです^ ^

 

ふと、自分の歌声を録音して聴いてみたら、

「声がこもってる・・」と思ったことや、

カラオケで歌った時に、マイクに声が通らなくて

「相手に聞きとってもらえなかった・・」

というような経験をしたことはありませんか?

 

歌っている時に、声がこもっていると
相手に聞きとってもらえず、
場の雰囲気がしらけてしまうことがあります。

 

僕自身も、友達とカラオケに行った時、
マイクに声が全く通らなくて、

「ちゃんと歌ってる?」

「なにモゴモゴ言ってるの(笑)」

と、言われてしまったことがありました。

 

こんなことを言われてしまっては、
人前で歌うことはできなくなってしまいます。

それに、どんどんと自分の声が嫌いになってしまい
自信もなくなってしまいます

こうなってしまうと、歌う時だけでなく
普段の会話すら嫌になってしまい、まさに悪循環です。

でも!

しっかりとトレーニングを行うことで、
声がこもってしまうのを改善させることができるのです^ ^

ハキハキ歌うことができるようになると、
歌が上手く聞こえますし、みんなで盛り上がることもできます♪

 

今回は「声がこもる」ことで悩んでいるあなたへ
その改善方法をお伝えしたいと思います。

周りの人から、

「なんか聞きやすくなったね!」

「前より、声が明るくなったんじゃない?」

と、言ってもらえるように、
ここで学んで実践してみましょう^^

 

声がこもる!その改善方法とは?

声がこもってしまうのは、

  • 口が開いていない
  • 姿勢が悪い
  • 腹式呼吸ができていない

といった様々な原因があります。

が・・

中でも最も大きな原因とされているのが、

舌が動かすことができていない

ということです。

 

舌がスムーズに動かすことができないと、
モゴモゴとした曖昧な声になってしまいます。

その結果、声がこもってしまうのです。

ということは・・?

しっかり舌を動かすことができるようになれば、
声がこもることを改善できるというわけです!

では、一体どのようなトレーニングをやれば
舌をスムーズに動かすことができるようになるのか?

その答えは、この先にあります^^

舌を動かすための発声練習

まずは「か行」「た行」「な行」「ら行」
4行を繰り返し発音していきましょう。

この4行は最も舌を使うため
舌を鍛えるには最適な言葉なのです。

 

発音する時は、順番にやっていくのでも良いですが、

「なた、なち、なつ、なて、なと」

「ららら、りりり、るるる・・」

など、様々な組み合わせで発音してみるのも効果的です。

そして、発音する時は、

  • 舌が動いていることを意識しながらやること
  • 口を大きく開けてやること

この2つがポイントとなります。

特に、口を大きく開けて練習していると、
普段の会話でも口が大きく開いていき、声がこもりにくくなります。

最初のうちは、すぐに舌や顔周りが疲れてしまうと思いますが、
これは鍛えられている証拠なので、続けていきましょう!

このトレーニングは、舌を鍛えることができて、
発声練習までできるので、一石二鳥のトレーニング法となっています^ ^

喉を開く呼吸法

これは、声がこもることを改善させるためだけでなく
声を出した時に、

「苦しい感じになる・・」

「声が通らない・・」

といったことも改善させることができる、
簡単トレーニングとなっています♪

 

このトレーニングを行うことで、
喉がしっかり開くようになります。

また、楽に息を吸ったり吐いたりすることが
できるようにもなるのです。

そのトレーニング法とは、

①口を大きく縦に開きます

②その状態のまま、喉が開いていることを確認しながら、
 ゆっくり大きく息を吸います

③ゆっくり息を吐いていきます。

あくびをした時驚いた時のような
イメージで行うのがコツです。

 

これを繰り返していくことで、
喉の開く感覚をつかむことができます。

そして、ハキハキと喋ることができるようになり、
次第に声が通るようになっていきます。

最後に・・

自分の声がこもっているというのは、
録音して聴いてみたり、誰かに言われないと
中々気づくことができないものです。

でも、それに気づくことができたのは、
チャンスかもしれません^ ^

せっかくですから、
今回ご紹介した方法をやってみてください♪