こんにちは!あらぼーです^ ^

 

歌が苦手な方の中には、

「リズム感がなくて困っている」

「上手くリズムに乗ることができず、カラオケを楽しむことができない・・」

というように、

「リズム」について悩みを抱えている方が
たくさんいらっしゃいます。

もしかしたら、今この記事を読んでくださっているあなたも
リズム感についての悩みをお持ちなのではないでしょうか?

いくら音程が合っていても、
リズム感が悪いと歌は上手に聞こえません!

せっかく音程を外すことなく歌うことができるのに、
下手に聞こえてしまうなんて、もったいないと思いませんか?

それに、リズム感は、
コミュニケーション能力にも大きく関係してくるのです。

 

リズム感がないと、適度な間をとることができず
上手に会話をすることができません。

これでは、言葉が伝わりにくくなってしまい、
相手に悪い印象を与えてしまいます

しかし、リズム感があると、歯切れやテンポが良くなり、
会話の流れがスムーズになります。

つまり、自分の言葉が相手に伝わりやすくなるということです。

 

リズム感を養うことは、歌を上手に歌うために必要なことですが、
人間関係を円滑にするためにも、重要なものとなっています。

ということで!

今回は、リズム感を鍛える方法について解説いたします♪

 

でもその前に!

リズムが上手くとれない原因を簡単にまとめましたので、
そちらからご覧ください^ ^

カラオケで上手くリズムがとれない原因とは?

メロディに上手く乗ることができず、

リズムがズレてしまう・・

これによって、歌が下手に聞こえてしまうことを
「リズム音痴」と言います。

リズム音痴は、

  • 歌い出しのタイミングのとり方がわからない
  • 途中から、リズムがズレてきて早くなったり遅くなったりする

という特徴を持っています。

この、リズム音痴になってしまう原因は、
主に3つあります。

原曲をあまり聴いていない

まず、1つ目の原因として考えられるのが、

原曲をあまり聴いていないからリズムに乗ることができない

ということです。

最近のカラオケでは、
すぐに新曲を歌うことができます。

また、歌詞も画面から流れますので、
完璧に覚える必要がありません。

が・・

これでは、曲全体を通してリズムをつかむことができず、
ところどころで、リズムがズレてしまいます。

特に多いのは、サビ部分はリズムに乗ることができるのに、
それ以外のところではズレてしまうというパターンです。

これは、最も盛り上がるサビの部分は覚えているのに、
歌い出し(Aメロ)や、つなぎ(Bメロ)部分が曖昧なため、
ズレてしまうのです。

これは、リズムを意識しながら原曲を繰り返し聴くことで、
解決することができます。

緊張している

緊張していることで、リズムがズレてしまうこともあります。

これは、緊張によって音が耳に入ってこなかったり
喉の方まで緊張が伝わってしまい、声が出にくくなることが原因です。

緊張していると、リズム感が悪くなるだけではなく
良い声が出なかったり、音程を外してしまったりします。

その場合は、深呼吸をしたり
ストレッチをしたりすると良いでしょう。

特にストレッチは、身体の緊張をほぐしてくれますので、
歌う前にやることをオススメいたします。

また、、カラオケの雰囲気に慣れることで、
次第に緊張もなくなっていきます^^

元々リズム感が悪い

元々リズム感が悪いというのは、
他の原因に比べると改善が難しいとされています。

元々リズム感が良い方もいらっしゃいますが、
なぜ?差が出てしまうのかご存知でしょうか?

これは、その人の生まれ育った環境深く影響しています。

幼い頃に、音楽に触れる機会が少ない環境で育ってしまうと、
リズム感が悪くなってしまうのです。

 

「それじゃあ、元々悪い人は直すことはできないの!?」
と、思ったあなた!

どうぞご安心ください。

リズム感は、正しいトレーニングを行うことで、
大人になってからでも改善することができます!

 

なので・・

「自分は元々リズム感がないからダメだ・・」

と思わずに、これからご紹介するリズム感を鍛える方法
一緒にやってみましょう♪

リズム感を鍛える方法とは?

リズム感を鍛えるためには、
あるものを使って練習をしていきます。

そのあるものとは・・

 

「メトロノーム」です^^

メトロノームは、正しい間隔で
一定のリズムを刻み続けてくれるものです。

簡単にリズムの調整もできるので、
リズム感を鍛えるためにはもってこいのアイテムとなっています。

でも・・

「メトロノームなんて家にないよ!」

という場合でも、スマートフォンのアプリで、
入手することができますので、そちらをご活用ください♪
 

メトロノームを使った練習法

①メトロノームの設定を4拍子にして、
 「/ピッ、ポッ、ポッ、ポッ、/」音に合わせて手を叩いていきます。

②①ができるようになったら、
 今度は、音が出た後に手を叩いていきます。

 「/ピッ、ポッ、ポッ、ポッ、/」の
 「、」部分のところで手を叩くイメージです。

 ちなみに、音にはがあり、
 「ピッ」「ポッ」の部分を表拍と言い、
 音が出た後の「、」部分を裏拍と言います。

③②の逆で、音が出る前に手を叩いていきます。

 この場合は、手を叩いた時が表拍となり、
 音が出た時が裏拍となります^^

 

①~③練習を、何度も何度も繰り返していくことで、
リズム感を鍛えることができます。

少しずつ、リズムが掴めるようになってきたら、
メトロノームのリズムを変えて練習をしてみましょう^^

最後に・・

リズム感は、普段の日常生活でも鍛えることができます。

1番オススメなのは、

「いち、にい、さん、しい・・」

と、リズムに合わせながら歩くことです♪

このように、普段からリズムを意識しながら
生活してみるのも良いですね^^