こんにちは!あらぼーです^ ^

 

あなたの周りにいる歌の上手い人の声や
プロのアーティストさんが歌っている声を聞いている時に、

「この人の裏声はすごく綺麗だなぁ!」

「自分もこんな裏声を出せるようになりたいな~」

なんて、思ったことはありませんか?

綺麗な裏声を出すことができるようになると

  • 広い音域の曲を歌うことができる
  • 喉を痛めることなく、高い声を出すことができる
  • 人から羨ましがられる

といったメリットをうけることができます。

でも・・

「綺麗な裏声が出せるようになりたいけど、難しそうだなぁ・・」

「どんな練習をしたら、力強い裏声を出すことができるんだろう・・」

と悩んでいる方も多いかと思います。

 

綺麗な裏声を出すためには!
はじめに、裏声とはどんなものなのかを知っておく必要があります。

なぜなら、一言で裏声と言っても、種類が3つあり、
それぞれ、声帯の動きも声の出し方も違うからです。

なので、ただ単に綺麗な裏声を出したい!

というのではなく、

まずは、裏声の種類を知るところから
始めてみることをオススメいたします。

それから、自分はどの裏声を出したいのかを考えて
それに合った練習をしていくようにしていきましょう♪

裏声とは?

そもそも裏声とは何でしょうか?

裏声とは、地声から裏返った声のことを言います。

よく、高い声を出した時に声が裏返ってしまうことはありませんか?

それが裏声なのです。

その裏返ってしまう声は、練習をしなければ、
掠れたような弱々しい裏声のままです。

なので、もしかしたら「裏声はかっこ悪い!」と、
感じている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、トレーニングをしっかり行うことで、
時には力強く時には優しい裏声を出すことができるのです。

 

裏声は、輪状甲状筋という筋肉を働かせることによって
出すことができます。

輪状甲状筋とは、喉仏よりも下の所にあるもので、
高い声、つまり裏声を出すためには、とても重要な筋肉なのです。

人の声は、声帯(喉にある2枚のヒダ)を
閉じることで出すことができます。

この閉じた状態から、輪状甲状筋を伸ばしていくことによって、
裏声を出しているという仕組みになっています。

輪状甲状筋を鍛えることが、
しっかりとした裏声を出すためのポイントとなるわけです。

裏声の種類について

さて、裏声とはどんなものなのかについて
なんとなくでもお解りいただけたでしょうか?

ここからは、3種類の裏声についてお伝えしていきます^ ^

ファルセット

ファルセットとは、息漏れさせた優しい裏声のことです。

裏声=ファルセットという認識が強いようですが、
そうではなく、裏声の一種であるという感じになります。

これは、裏声の中でもファルセットが最も出しやすいことから、
裏声といえばファルセットとなっていると考えられます。

弱々しい裏声なのが特徴で、
繊細な声を出したい時に使います。

ヘッドボイス

ヘッドボイスは、息漏れのない裏声のことを言います。

芯があって力強いのに、柔らかい声というのが特徴です。

ヘッドボイスの「ヘッド」には、頭に響くというという意味あり、
主にクラシックなどで、高音域を歌うソプラノ歌手の方が使います。

ミドルボイス

ミドルボイスとは、地声と裏声を混ぜた裏声のことを指します。

こちらも芯がある強い裏声で、
主にポップスやロックで使われることが多い裏声です。

ミドルとは、地声と裏声の中間という意味があり、
この2つを混ぜる声ということから、ミックスボイスとも言われています。

地声と同じくらいの強い声で、
高い音域(裏声)も発声することができます。

なので、カラオケで上手く歌いたい!と思っている方は、
ミドルボイスをマスターすることを目標としても良いかもしれませんね^ ^

ちなみに・・

地声のことをチェストボイスと言いいます。

このチェストボイスがしっかりできていないと、
ファルセット、ヘッドボイス、ミドルボイスを綺麗に出すことはできません!

裏声を出すためには、地声(チェストボイス)が、
基礎となりますので、頭の片隅に入れておいてください^^

最後に・・

裏声の種類を知っているのと知らないのでは、
練習にも大きな差が出てしまいます。

でも、この記事で綺麗な裏声をだすための準備は整いました^ ^

今回、解説した3つの裏声の練習方法については、
別記事でご説明いたしますので、一緒にがんばっていきましょう♪