こんにちは!あらぼーです^ ^

 

カラオケで歌っている時に、

「滑舌が悪くて、ちゃんと歌うことができない・・」

「声がもごもごしてしまい、自分の歌声を聴きとってもらえない・・」

ということで悩んではいませんか?

 

いくら声が良くても、音程をとることができていても、
滑舌が悪いと歌は上手に聞こえません

場合によっては、音痴に聞こえてしまうこともあるのです。

たとえば・・

リズム感はあるのに、滑舌が悪いため
リズムがズレてしまい下手に聞こえるということがあります。

これは、言葉を噛んでしまったり、
リズム通りに正しく発音することができないことが原因です。

また、テンポの早い曲の場合は、
言葉がボヤッとしてしまうことがあります。

これでは、何を言っているのか分からない歌になります。

ということは・・?

聴いている人も歌っている自分も
楽しむことができません(汗

さらに、滑舌が悪いことは、歌う時だけでなく
コミュニケーションの場でも困ることがあります

 

もしかしたら、人からこのようなことを言われた経験が
あるのではないでしょうか?

「声が暗いね」

「ボソボソ話してるから、何言ってるのか分からない!」

「え?今なんて言ったの?」

と、聞き返されたりしたことが・・・

 

言葉が相手に伝わらなかったり、何度も聞き返されたりすると、
会話をすることが嫌になってしまいます。

また、滑舌が悪いと、
声に自信がなくなってしまいます

そうなると、周りからも

「この人は、声が小さくて暗い人だ・・」

「この人の言っていることはよく分からない!」

という風に、悪い印象を与えてしまうこともあります。

滑舌が悪いだけで、相手に悪い印象を持たれてしまうというのは、
非常にもったいないです!

 

そこで、今回ご紹介するのが、
滑舌をよくする方法です。

滑舌がよくなることで、ハキハキ話すことができるようになり、

  • 相手に良い印象を与えることができる
  • 明るい人、元気な人と思ってもらえる

というようなメリットを受けることができます。

もちろん!

カラオケで歌う時にも、

  • 歌詞をしっかり伝えることができるようになる
  • 相手に自分の声を届けることができる
  • 歌声が明るくなる
  • 発音がしっかりできるようになる
  • 音程やリズムの方に意識を集中することができる

など・・

たくさんのメリットをもたらしてくれます♪

では、どんな練習をすれば滑舌はよくなるのか?

その答えは、この先にあります^ ^

滑舌をよくする方法はコレ!

ここでは、滑舌をよくする方法を3つご紹介いたします。

最後には、あるものを使って簡単にできる
練習法もお伝えしていますので、お見逃しなく^^

舌のストレッチ

舌が硬くなっていては、
上手く動かすことはできません。

まずは、舌のストレッチからはじめましょう^ ^

①口を大きく開けて、舌を思い切り前に出します。

②その状態で10秒間キープします。

③そのまま舌を上に上げて、10秒間キープします。
 この時、舌は鼻につけるくらいのイメージで上げましょう。

④舌を下に下げて、10秒間キープします。
 この時は、顎につけるくらいのイメージで下げましょう。

舌の動きを意識した発声法

実際に声を出しながら舌を動かしていく練習です。

はっきりと声を出すためには、

  • 舌を動かす
  • 口を大きく開ける
  • 唇の動き

この3つが大きなポイントとなります。

 

まず、発声する言葉ですが、
「カ」「タ」「パ」の3つを使います。

  • 「カ」は、舌を後ろに動かす練習
  • 「タ」は、舌を前に動かす練習
  • 「パ」は、唇の動きを鍛える練習

となっています。

やり方は、はじめに、それぞれの言葉を
10回ずつ発声していきます。

そして、

  • 「カ」を発声した時は、舌が後ろに引っ込んでいるか
  • 「タ」を発声した時は、舌が前に出ているか
  • 「パ」を発声した時は、唇がしっかり動いているか

といういことを、鏡でチェックしながらやっていきます。

この練習を毎日繰り返すことで、口と舌の動きが滑らかになり、
はっきりと言葉を出すことができるようになります。

1日1分でできる!◯◯◯を使った練習法

さて・・

大変お待たせいたしました!

ここからは、あるものを使って、
より滑舌をアップさせる方法についてお伝えいたします。

 

そのあるものとは・・・

割り箸です!

滑舌をよくする練習は、たくさんありますが、
中でも、簡単にできるのが割り箸を使った練習なのです。

この練習の大きなポイントは、とにかく舌を動かすこと!

割り箸を利用し、唇を動かせない状態を作ることで、
舌を使った発声ができるようになります。

それでは、練習のやり方を見ていきましょう^ ^

①割っていない割り箸を2本用意します。

②割り箸を縦にして、
 太い方(手で持つ側)を左右両方の奥歯で咥えます。

 この時、歯に力を入れずに軽く咥えるようにしてください。

③その状態で「ら、た、な、か、さ」という言葉を発していきます。

 舌が動いていることを意識しながら、
 一語一語はっきりと発音するのがポイントです。

④これを約1分間行います。

 

割り箸を使った練習は、やり過ぎには注意です。

あまりやり過ぎてしまうと、
舌や口周りの筋肉に負担をかけてしまいます。

なので、1日1分くらいを目安にやってみてください♪

最後に・・

今回ご紹介した練習は、とても効果的ですが、
毎日継続してやらなければ意味がありません!

どれも、簡単にできるものなので、
時間が空いた時に、チャレンジしてみてはいかがでしょう^ ^